技術情報 - Technical Information

小口径長距離曲線推進ジャット工法

小口径長距離曲線推進はジャット工法にお任せ!

小口径・長距離・曲線推進

ジャット工法は、小口径推進において長距離および急曲線の施工を可能にしました。

曲線測量の方法は、管内にCCDカメラセンサーを複数挿入し、マシンの前と後ろにあるターゲットをCCDカメラセンサーで計測することによって、センサーから送られてくる画像情報を地上のPCによって計算処理を行い、計画と施工の誤差を素早く算出します

CCDカメラセンサーが小口径・急曲線の掘進機位置を瞬時に測量します。地下埋設物、高圧線などによる影響を受けません。

詳細はジャット協会HPをご確認ください。